2018年10月01日 15:40
3

ロボット・AIベンチャーのアールティは、ロボットによる自動化が難しいとされる弁当のおかず盛り付け作業において、人と隣り合わせでも安全に行うことができる、協働人型サービスロボットのプロトタイプを発表した。

開発中のプロトタイプは130~150cmの協働人型サービスロボット。頭部のカメラで番重と呼ばれる食品コンテナにばら積みされた不定形な弁当のおかずを識別し、アーム・ハンド部がその一つを取り出してお弁当箱に盛り付ける機能(特許出願中)を有している。この機能はGoogle社のフレームワークTensorFlowを活用したディープラーニング(深層学習)により実現した。

アールティでは人手不足に悩む弁当工場業界の声をかたちにした協働人型サービスロボットの早期実現を目指しており、今後は同業界で高い実績をもつシステムインテグレーターの協力を得ながら弁当工場内にプロトタイプロボットを設置。2018~2019年中の実証実験を行い、実用化に向けた開発を進める予定。