2018年07月02日 14:54
3

3月23日に設立したMIKATAグループのオフィスのミカタは、2019年1月に「オフィス業界相関図2019年度版」をリリースする。

この相関図は、オフィス用品の発注、生産性向上ツール、福利厚生サービス、テレワークサービス、業務アウトソーシングなど、オフィスにまつわる多種多様な製品・サービスを1枚のマップで表現。また裏面には各製品・サービスの問い合わせ先情報を記載しているので、検討から導入まで円滑に行うことが可能。オフィス業界のサービスやソリューションを70ジャンルから全150サービスを掲載する予定となっている。

また同マップは「オフィスのミカタ」のウェブサイト上からもダウンロード可能な予定のほか、全国10万社の管理部門担当者と中小企業経営者に向け、年間で合計30万部を無料配布する。なお7月2日より、相関図へのオフィス向けサービス・ソリューション掲載希望の企業を募集開始する。