2018年02月14日 06:49
7

KADOKAWAは第22回日本ホラー小説大賞にて、史上初めて最終選考・予備選考ともに全選考委員からA評価を受けた澤村伊智(さわむら・いち)著「ぼぎわんが、来る」の文庫を2月24日に発売する。中島哲也監督による映画化(映画タイトル「来る」/公開 2019年/配給 東宝)も決定した。

「ぼぎわんが、来る」は幸福の絶頂にあった家庭がとある来訪者をきっかけに怪異に巻き込まれ崩れゆく様子を描いたエンタテインメントホラー。圧倒的な筆力で描かれる怪異の恐怖と、「ぼぎわん」という不気味なキャラクター造形の巧みさ、そして何より著者の新人離れした巧みなストーリーテリング能力が評価された。

本作は「嫌われ松子の一生」や「告白」など数多くのヒット作を生み出した中島哲也監督による映画化も決定。岡田准一・黒木華・小松菜奈・松たか子・妻夫木聡という映画界を代表する超豪華キャストが集結している。

文庫は2月24日発売。680円+税となる。

映画公式サイト

文庫版詳細