2017年10月26日 11:06
d14754-5-744383-0

プレシャスパートナーズは、20代の就活経験者500人に「就職活動に関する調査」を9月7日~9月10日に実施した。

調査結果によると、選考時に最も話を聞きたい人は「一緒に働く社員」(64.6%)が最多。次いで「上司や現場のリーダー」(23.8%)となっており、約9割が実際に働く職場のリアルな声を求めていることが分かる。就活時に最も知りたい情報は「給与などの待遇・福利厚生」(30.6%)。次いで「会社の雰囲気」(26.6%)「働く社員の声」(22.6%)と回答しており、2人に1人が職場のリアルな状況や雰囲気に関する情報を求めている。新卒ナビサイトで最も情報が不足していると感じられる項目も「一緒に働くメンバーの情報」(30.4%)が最多。

最終的に1社を選んだ決め手は「やりたいことができる、成長できる環境がある」(19.4%)と回答しており、選考時に働く社員の声も判断基準になる可能性がありそうだ。

プレシャスパートナーズ