2017年10月12日 09:17
d13485-185-291231-0

学情は、9月1日~15日の期間、20代を対象にした就職情報サイト「Re就活」会員を対象に、第二新卒・既卒の就職・転職活動に関するWebアンケートを実施した。

転職理由の上位3つは「人間関係・社風が合わない」が42.1%、「ワークライフバランスが悪い」が36.5%、「そもそもやりたい仕事ではなかった」が33.4%。第二新卒・既卒ともに重視するのは「勤務地」「仕事内容」が上位2つ。「残業の有無/休日数」も、第二新卒では13.2ポイント増加して3番目、既卒では5.5ポイント増加して4番目に入り、ワークライフバランスは相変わらず重視されていることがわかる。

今回の調査だけでなく、学情が2018年卒学生を対象に行った調査でも、企業選びで重視した点で最も多かったのは「休日・休暇がしっかり取れること」。加えて、仕事の内容が重視されており、早いうちから本当にやりたい仕事を目指すキャリアチェンジ希望者も多く活動していることがわかった。

学情