2017年09月15日 14:01
5

スワローインキュベートは、パナソニックの特許を活用した「音声による感情認識技術」「感情認識 SDK/API」を開発、販売ならびに無料トライアル版の提供を開始する。

感情認識技術とは、顔の表情や、テキスト、会話や音声等から人の感情を読み取るもの。近年は音声認識技術などと併用し、感情認識技術がロボットへ搭載されるなど実用化が進みはじめている。「感情認識SDK/API」では、音声・会話を元に感情を判定する。音声自体の持つ特徴量をベースとした「音響解析型」で、最大70パーセント程度の認識率で感情を判定。「言語解析型」だけでは判別しにくかったクレームや、音声認識しにくい怒声なども検知することを可能にした。

提供形態としては、クラウドAPI方式と、あらゆる端末で利用可能な 組み込みSDK方式の2種類を提供するため、 音声通話による感情認識やロボットの感情認識など高い汎用性で利用することができる。