2016年12月21日 10:50
d7957-126-604358-0

SBI証券は、2017年1月からiDeCo(個人型確定拠出年金)の加入対象者が主婦等にも拡大することを受けて、20代~40代の専業主婦各150名計450名を対象に、「老後のお金に関する調査」を実施した。

調査結果によると、主婦のうち老後に「不安を感じる人」は約6割、「やや不安に感じる人」は約3割に。老後に不安を抱える主婦がとっている対策としては、約5割が資金の貯蓄を挙げ最も多い結果になった。2位は「生活費の節約」、3位には「現在特に準備はしていない」がランクインした。

「老後にいくらあると安心か」という質問に対しては、2位の「5000万円以上」の約14%をおさえて、「いくらでも安心できない」が約3割で断トツ。老後のための資金運用については、「是非やってみたい」と答えた人は約1割、「簡単にできるのであればやってみたい」は約3割という結果だった。iDeCoの利用意向については、「利用してみたい」が、2割強にとどまる。

SBI証券調べ