2016年01月19日 12:58
5

東京タワーを運営する日本電波塔は、大展望台にてビーコンを活用した「東京タワー景観案内アプリ」とデジタルサイネージが連動し、情報提供する新たなサービスを開始した。

本サービスは、大展望台からの景観を来塔者のスマートフォン画面で案内する「東京タワー景観案内アプリ」の追加機能。デジタルサイネージに、「景観案内アプリ」がインストールされたスマートフォンが近づくと、デジタルサイネージにスロット、スマートフォンにスタートボタンが表示される。スタートボタンを押すとスロットが回転・停止し、表示される3桁の数字をスマートフォンに入力することで、季節のイベントにちなんだ期間限定のデジタルコンテンツをプレゼント。

これは2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の外国人観光客対応に向けたサービス施策の検証も兼ねたもので、期間限定にて実施する。「東京タワー景観案内アプリ」の遊び方はこちら(PC向けスマホ向け)。