2015年07月08日 15:30
EFレンズ

キヤノンは、レンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズである「EFレンズ」の累計生産本数が、6月22日に1億1,000万本を達成したと発表した。

「EFレンズ」は、銀塩方式のAF一眼レフカメラEOSシリーズ用の交換レンズとして、1987年に宇都宮工場で生産を開始。以来、台湾キヤノン、キヤノンオプトマレーシア、大分キヤノンの4拠点で生産を行い、幅広いユーザーの支持を受けてきた。1995年に累計生産本数1,000万本、2009年に5,000万本、2014年4月には世界で初めてカメラ用交換レンズ累計生産本数1億本を達成し、今年6月に累計生産1億1,000万本を達成。カメラ用交換レンズの累計生産本数で、世界最多記録を更新した。

1億1,000万本目に生産されたレンズは、「EF11-24mm F4L USM」。世界最広角となる11mmの焦点距離を実現し、「カメグランプリ2015レンズ賞」を受賞している。