2015年06月16日 09:04
アフリカで蚊帳配布

mudefは、マラリア予防のため、住友化学が製造し、世界中で高い評価を得ている防虫蚊帳「オリセット®ネット」2000張を、アフリカ南部のマラウイ共和国で配布する。

マラリア予防活動・普及啓発を目的とする「Love is Free Campaign(ラヴ・イズ・フリー・キャンペーン)」の一環として実施される活動で、今回で6回目。

配布はマッチング寄付の形式で行なわれ、mudefが購入する1000張分の「オリセット®ネット」に対し、同数を住友化学が提供する。

蚊帳は、現地NGO「Consol Homes Orphan Care」を通じてマラウイの子どもたちに配布される。

今回は、たき工房の協力を得て、文字が読めない子どもたちでもマラリアについて理解し、蚊帳の正しい使用方法を理解できるよう、パッケージにイラストを使ってわかりやすく説明されている。