2015年05月27日 11:38
アプリックス

アプリックスIPホールディングスは、Wi-FiルーターやNetworkスイッチをBluetooth/Wi-Fiゲートウェイに簡単にアップグレードできるソフトウェアを開発した。今後、ネットワーク機器メーカーへ提供していく。

このソフトウェアはLinux上で動作するため、既存のWi-FiルーターやNetworkスイッチを簡単にIoTのホームゲートウェイにすることが可能となる。

同社は、今日から開催される大規模展示会「ワイヤレスジャパン2015」のBluetooth SIGパビリオン内で、市販のBLE対応の玩具をBLE非対応のスマホから操作する動体デモを初披露する。

会場は、東京ビッグサイト西3・4ホール。日時は5月27日(水)~5月29日(金)10:00~18:00。