2015年05月15日 14:22
6

青月社は、幻のコレクション図録「復刻版 座辺の李朝(中川竹治・著)」を、800部限定で2015年5月15日に発行した。

多くの愛好家を生み続ける「李朝のやきもの」の中にあって、ひときわ輝く個性的なコレクションを築き上げたコレクター、故・中川竹治氏。

氏は自らを「サラリーマン・コレクター」と称し、一般企業に勤務するかたわら、身辺に置いて愉しめる李朝陶磁を蒐集。その集大成としてまとめられたのが、700部限定の自費出版図録「座辺の李朝」。

やきもの観賞を趣味とする人や古美術商の間では必須・必携の書とされているが、自費出版であったため古書市場に流通すること自体が稀で、登場すれば10万円前後の値がつくことも。

本企画ではこの幻の図録を寸分違わず完全に再現。よりリーズナブルに「李朝」を愉しむことができる機会として大きな注目を集めている。「復刻版 座辺の李朝」はB5変形判208ページ、価格は1万5,000円(税別)。