2015年04月27日 13:22
d6978-83-568023-5

働き方と天職を考えるウェブマガジン「瓦版」(http://www.w-kawara.jp/)の「働き方白書」が、社会人の「貯金額」について調査。「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パートタイマー」の4つの契約形態別に行った。

正社員で最も多かったのは「100万円未満」で34%。次いで「500万円以上」21%が続く。

契約社員で最も多かったのは「100万円未満」で32%。次いで「100万円~200万円」16%。正社員に比べ待遇面で劣る部分がそのまま反映されたような結果に。

派遣社員のトップは「100万円未満」で58%、次いで500万円以上21%。多様な人材が揃う派遣だけに、これまでに蓄財した人も含まれている、ということが考えられる。

パートタイマーになると「100万円未満」が53%、「100万円~200万円」17%、「宵越しの金は持たぬ」9%と続いている。