2015年04月14日 10:46
宅建取引士

不動産流通近代化センターは、不動産流通実務検定「スコア」の受検申込みを、5月1日(金)から開始する。

4月1日から宅建取引主任者は「宅地建物取引士」に改称され、不動産流通業界では今まで以上に人材のレベルアップが求められている。

「スコア」は、不動産流通実務の総合力を測るオンライン継続学習ツール。

PC・タブレット上で、100問を150分で解答。結果は1000点満点で測定し、受検終了後すぐに得点と科目別の正答率が表示される。解説も公開され、受検終了後もしっかり復習することが可能だ。

今後は、企業のキャリア制度や採用時の客観的な判断ツールとして、不動産業界への定着を図っていくという。

受検申込み期間は5月31日(日)まで。受検期間は6月10日(水)~6月14日(日)。受検料は3,000円(税込)。

詳細は、http://www.kindaika.jp/score-kentei/