2015年04月13日 13:58
2

バブル世代が50代を迎えることもあり、「50代の市場」が注目されている。

ダイアナは創業以来30年蓄積してきた86万人以上のコンサルティングデータをもとに、「今(2010年~2014年)の50代と一昔前(1994~1998年))の50代」それぞれ2万人の体型データを比較した。華やかな時代を経験し、美容に対して高い意識を持つといわれている今の50代は本当にきれいになったのか。

調査の結果、今の50代は身長が約3cmも伸びたにも関わらず、体重が0.64kg減少、各部位のサイズも全て減少していた。

また、体型のメリハリ度合いを表すダイアナ独自の指標「PI」(値が小さいほど、ボディラインのメリハリ度が大きい=スタイル美人)を調べてみると、昔の50代のPIは48.6、今の50代は46.5だった。

時代背景を考えると、戦争による栄養状態が身長に影響することも考えられるが、やはり昔より今の50代はプロポーションが良くなったといえるようだ。