2015年03月18日 14:02
2

アデランスは、2015年3月14日(土)に開催された第44回小児皮膚科学セミナーにおいて、医療向けウィッグなどの展示協力を行った。

会場内に設置された展示コーナーに、医療向け、特に子供用ウィッグや自社開発の人工毛髪に関する技術情報を展示。参加者は実際に手に取ることができ、普段なかなか触れることのないウィッグについて知る機会となった。

本セミナーのテーマは「小児の円形脱毛症について」。皮膚科医、小児科医を対象としたもので、患者一人ひとり、あるいは家族の心に寄り添う医療の実践を期待して開催された。

今回は円形脱毛症のメカニズムや診療に関する2つの演題が発表されたが、約130名収容可能な会場はほぼ満席。円形脱毛症に対する関心の高さが伺える。

アデランスが37年続けている、子どもたちにオーダーメイド・ウィッグをプレゼントする「愛のチャリティ」活動も、多くの来場者の興味を集めた。