2015年03月03日 19:02
クラシック

阪急電鉄は、「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の一環として、「阪急ゆめ・まち 親子チャリティコンサート」を開催する。今回で6回目。

チャイコフスキーの「くるみ割り人形」や、ムソルグスキーの「展覧会の絵」などの曲目を、現田茂夫指揮による大阪フィルハーモニー交響楽団が演奏。元宝塚女優の野々すみ花が花を添える。

また、会場の子供たちが舞台で実際にタクトを振りオーケストラを指揮する「指揮者体験コーナー」も実施。これらを通じて、子供たちに本物のオーケストラ音楽と出会う感動を体験してほしいという。

公演日は6月20日。3月20日からチケット発売開始。会場は梅田芸術劇場メインホール。入場料は中学生以上が1,500円 小学生は500円(全席指定・税込)。コンサートの売上は、あしなが育英会へ全額が寄付される。