2014年08月19日 16:55
そ

日本法規情報は、平成27年から相続税が大幅に増税されることが決まったことから、運営する『相続問題相談サポート』、『税と法律の相談窓口案内 相続・遺言手続き』などのサイトの運用情報やユーザー1048人へのアンケートを元に、相続に対する意識調査を行い、「相続税に関する意識調査」について発表した。

「平成27年の相続税の改正で、自分が相続税の課税対象者であると考えたことはあるか」についてのアンケート調査では「相続税の課税対象者である」と認識している人は、わずか20%だった。
そ1

また、「相続税は、相続開始の翌日から10ヶ月以内に申告・納付する必要がある」ことについて「知らなかった」という回答が8割以上だった。

そ3
弁護士、司法書士、行政書士、税理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士等は、不動産を含む相続をめぐって陥りやすい失敗や、いわゆる“争族”問題に対処し、そのトラブル回避するノウハウがあります。これらの専門家が、相続に関係する人々それぞれの言い分、事情を聞き出した上で、その妥当性を検討し、アドバイスや交渉を代行することにより、より納得のいく解決が可能となる場合は多々ある。